​景色の中に見るモノクローム
naotsugu yoshida × neutral
2022年4月15日 〜 17日
会場 ten(東京都江東区)

彼の作り出すモノクロの世界から

わたしは変容していく豊かな色彩を見たのですが

浮かび上がる情景と共に、深い愛情のような

エロティシズムを感じたのです

 

それは決してバタイユが論じた禁忌的な意味ではなく

叙情的で精神性を帯びたものです

 

その美しいフォルムを眺めていると

彼が白や黒といった”色”を選んだことは

自明だということは明らかですし

清らかで凛とした佇まいは静寂さを纏い

わたしの心にそっと触れていきました

neutral  北嶋竜樹

4C79FAFA-052C-44EE-A6DF-02B4017E05FE.JPG
1/3

01  わたしが見たもの

スマホがあればカシャっと1枚

SNSというインターネットの渦は

あっという間に拡散するけれど

わたしやあなたの見たものが

同じ景色とは限らないってこと

無釉白磁切立湯呑:吉田直嗣

1/3

02  白とか黒とか

そろそろ白黒はっきりさせようじゃないかって

白と黒、光と影、天と地、善と悪、

ぼくらは何かとふたつに分けたがるけれど

二元論で語れるほど簡単じゃないのよ

そもそもあなたが見てるのは白なの?黒なの?

どっちなのよ全く。。

あれ?なんか変になっちゃったじゃないのよ!

高台付杉形椀:吉田直嗣

1/2
1/3

03  幻影

かつてこの隅田川界隈は、耽美派として知られる小説家、佐藤春夫や谷崎潤一郎、芥川龍之介、永井荷風らが「幻影」の立ち現れる水辺の原風景として描いてきた場所です。激動の明治と昭和の狭間である大正時代は、正に「幻影」そのもののように弱々しく繊細な時代でした。憂鬱でデカダンスな日々を過ごす中、恍惚とした淡い夢を見ようとした彼らが、ユートピアのごとく現実でも空想でもない、あいまいな「幻影」を隅田川へと投影したのです。

無釉白磁椀:吉田直嗣

04  胸の内

沸々と湧き上がるものというのは

どこにでもあるような景色ですら

惹きつけられてしまう魔力のようなものを

秘めているということだと思うのです

白磁リムプレート:吉田直嗣

1/3

05  ten

あなたもわたしも、あれもこれも、

上も下も、表も裏も、

ぐるぐるかき混ぜて、交わる場所

ここではみんなが等しく愛おしい

白磁中鉢:吉田直嗣

1/4

06  気配と余韻

とても情緒的で語呂が良く、響きの美しいこの言葉は、ミュージシャンの原田郁子さんの楽曲タイトルから取りました。この言葉は微細に変化していく季節の移ろいのように、ふわりと風景を纏っているような感覚を覚えます。彼の作品を手にしてそう感じたように、この先も誰かの手に渡って、どんな風景を纏っていくのだろうかと、ひそかに心を踊らせたのでした。

無釉白磁汲出椀:吉田直嗣

夢のつづき

わたしの作品には料理がないことがある

それは実体がないだけで存在はしているのです

だって本当に食べたかどうかなんてわからないですから

あなたは夢を見ていたのかもしれないし

わたしが夢を見ているのかもしれないし

だからそっと物語を書き足したって別に構わないのです

(会を終えて)2022.4  neutral  北嶋竜樹

DSC07664.JPG
4CCC1336-479C-4AE4-9A15-4F80BBEAF3DE.JPG
EBC52C6F-4451-4B27-A478-63D460D4E78F.JPG