LIVE AND LEARN

​心身の滋養のための手習い

日々の食事が私たちの心と体に与える影響を、月毎にフォーカスした主題に沿って、あらゆる観点から考察し、現代における私たちの生活にとってより良い滋養になるための学びと手習いの会です。時期の食材を使い、季節や日本の風土を想起させる仕立てとともに東洋思想の食知識や知恵にも触れならがら体感していただく会となります。​毎月違ったテーマと食材で、食知識と共に素材の扱いについても学んでいきます。

✳︎ご予約制となります。ご予約はフォームよりお願いいたします。

✳︎基本的に会は毎月2日間行います。

✳︎会の内容は​月替わりとなります。

✳︎座学が中心ですが最後に主題に合わせた料理を召し上がっていただけます。

✳︎各会の定員は6名です。

✳︎所要時間はおよそ2時間を予定しています。

✳︎持ち物は特にありませんが、メモなどとられる方は筆記用具をご持参ください。

​✳︎キャンセル待ちをご希望の方は、希望日時を選択してご送信ください。

neutral 学びと手習いの会

場 所:濱口商店 はなれ

住 所:京都市左京区吉田神楽岡町5

​時 間:1部 11:00 〜 / 2部 17:00 〜

定 員:6名様(各会)

​料 金:¥8,000(税込)

SCHEDULE

霜月  出汁のいろいろ うま味の考察

11月20日(土)・21日(日)

ご予約受付中です。

 

しばらく日本の年中行事に焦点をあてた会が続きましたが、今回はneutralの作品には欠かせない出汁についてお話しいたします。精進出汁はもちろん、出汁やうま味の歴史も紐解き、動物性と植物性のうま味や出汁の違いについても考察していきます。

arrow&v
arrow&v

your message has been sent.

神無月  初穂を祝う 神嘗祭

10月7日(木)・8日(金)

SOLD OUT 10月の会は満席となっております。

 

「神嘗祭」(かんなめさい)とは、10月17日に行う宮中行事で、伊勢神宮で行う宮中行事としては最も重要なお祭りで、五穀豊穣の収穫祭として天皇がその年の新米を伊勢神宮に供える祭事のことです。何よりも早く天照大御神に新穀を捧げることで、その年の恵みに感謝を表し、年中行事としてはこの約1ヶ月後に全ての神々へ新米を捧げる「新嘗祭」(にいなめさい)として全国の神社でお祭りが行われます。今回は神嘗祭にちなみ、新穀や秋の恵みを使った収穫を祝うハレの日の食事を歴史とともに学んでいきます。