top of page
脈絡のない料理    vol.6
2022年12月18日 〜12月29日
会場 neutral(京都市北区)

人生って脈絡のない出来事の

連続だと思うんです

それが何であるかは

実はそんなに重要なことではなくて

​その繰り返しや重なりが必要だから

僕らは延々と脈絡のないことを

​繰り返すのです

neutral  北嶋竜樹

IMG_9375.JPG
IMG_9367.JPG

01  シルエット

ぱちんと薪が弾けて

乾いた音が小さく響いた

 

どれくらい眠っていたのだろうか

日も翳り、すっかり暗くなった部屋で

静かに差し込む光の気配を感じた

 

うっすらと聞こえてくる車の音に

ぼくはようやくぼんやりと目を覚ました

白磁平皿:黒田泰造

IMG_9370.JPG

02  火あそび

炎の揺らぎは波に似ていて

じっと眺めていると

思わず吸い込まれそうになる

 

心地よい波動のようなものが

きっと流れていて

ぼくをそっと抱きしめてくれるに違いない

 

うん よし

今なら泳げる気がする

 

 

おっと!あぶないあぶない、、

火傷するとこだったぜ

​ガラス鉢:昭和前期

IMG_9383.JPG

03  エチュード

好きなこと、嫌いなこと。

楽しいこと、つまらないこと。

容易いこと、難しいこと。

見せたいこと、見せたくないこと。

得意なこと、不得意なこと。

かっこいいこと、かっこわるいこと。

やりたいこと、やりたくないこと。

 

ほんとはわかってる

何が美しいのかを

だから繰り返すのさ

 

古伊万里青磁平皿:江戸時代中期

IMG_9378.JPG

04  言葉のはじまり、言葉のおわり。

この世界の裏側には現実化しなかった

可能性の世界ってやつが広がっているんだって

 

そこではね、犬は逆立ちするし

猫だって後悔を口にするんだ

そんな馬鹿なことって思うでしょ?

 

ぼくは別に死後の世界があるとか

そんなことはちっとも思ってないけどさ

 

実在するかしないかなんて

とっても曖昧なことなんだよ

 

 

古常滑山茶碗:鎌倉時代

IMG_9368.JPG

05  ビッグイシュー?

先方のコンセンサスが取れたら

来週までにブレストして

大まかなスキームを作ってくれる?

プライオリティ決めて

ちゃんとエビデンスも出してね

よろしく頼んだよ

 

 

七寸平皿:安藤由香

IMG_9380.JPG

06  日々のあわ

君のことは割と好き

とくに冬はね

いや、別にだからといって

他に好きな子がいるんじゃないかとかさ

そんなことは思わなくたっていいさ

だってそういうものでしょ?

あ、そうそう

なんだかノスタルジックな気分にさせてくれる

そういうとこも好きだよ

高麗青磁 大鉢:14世紀頃 / 堅手鉢:村山健太郎

IMG_9373.JPG

07  喧騒と静寂

これからむかえる時に

胸を高まらせている

 

或いは、まもなく終わる時に

忙しくしているのかもしれない

 

期待と不安が入り混じったような空気は

何時になく僕の息を染めて

 

騒がしく点滅する灯りの下では

全くの静けさが訪れるのです

 

 

瀬戸本業窯六寸鉢:六代目 水野半次郎

IMG_9377.JPG

08  考古学的視点

言葉は語り尽くせたとして

のこされた言葉たちは

何かを物語るのだろうか

 

跡形もなくなったものから

まるで考古学のように

記憶を象っていく

 

ぼくはそんなことが

出来たらいいなぁなんて

いつも思ってるんだ

 

 

黒漆大平椀:明治時代

bottom of page