脈絡のない料理    vol.4
2022年10月20日 〜10月30日
会場 neutral(京都市北区)

人生って脈絡のない出来事の

連続だと思うんです

それが何であるかは

実はそんなに重要なことではなくて

​その繰り返しや重なりが必要だから

僕らは延々と脈絡のないことを

​繰り返すのです

neutral  北嶋竜樹

IMG_8015.JPG
IMG_8005.JPG

01  はじまりのはじまり

しっかりと蓋をしていたはずなんだけど

だいたいいつも決まった時間にさ

シンとした冷たい空気が入り込んできて

目が覚めるんだ

ぶるぶるっと軽く身振るいをして

もう一度奥の方へ潜りこむと

なんとも言えない幸福感が身体中に染み渡って

僕はまたゆっくりと深い闇の中へと誘われる

朱漆椿皿:明治時代

1/4

02  ゆらめきモノローグ

無数の言葉や音の羅列が、次から次へと

浮かんでは消え、浮かんでは消え

吹き出しの中で蠢いている

見えない、掴めない、残らない

プロローグもエピローグもない世界では

これらはただただひたすらに

意味もなく繰り返し

スイスイと僕の中を泳ぐのです

灰釉深皿:昭和時代

IMG_8016.JPG

03  空想と憂鬱の中で

「物憂げな顔したってだめだよ、

君の魂胆なんて全部透けて見えてるんだから」

 

「どうしてそんなことがわかるってんだ」

 

苛立ちと共に僕はそう言ったあと

少しばかり噛みついてやろうとも思ったけれど

やっぱりどうにも思考が追いつかなかった

 

ボードレールやマラルメに思いを馳せ

あるいは荷風や谷崎のように耽美な

大正文学にどっぷりと浸かっていたって

紡ぐ言葉はまるで駄目

散文になり、気は散り散り

全く味のしなくなったガムを

延々と噛み続けているような気分で

抜け出せないデカダンスな日々に

僕はそろそろ耐えられなくなってきていた

 

「まったくだぜこんな毎日は」

唐津焼刷毛目銘々皿:村山健太郎

IMG_8020.JPG

04  夜の運び屋

すぅーっと息を吸い込んで

僕は深く溜めた息をゆっくりと吐きだした

やっぱりそうだ

君っていい匂いだよね

なんとなく気づいていたけど

近づくたびについふらふらっと

ついて行きたくなる

けどさ 君はいっつもどこにいるかわかんないし

急ににいなくなるし

気ままなやつだよな

まぁ、嫌いじゃないけど

瀬戸本業窯六寸鉢 :六代目 水野半次郎

IMG_8029.JPG

05  ( ´_ゝ`)  ٩(`ω´)و  (>_<)

え?絵文字?顔文字?一緒じゃないの?

なんだか知らないけどさ

今どき使うのはおじさんだけっていうじゃない

別にいいじゃないかほっといてくれよ笑

古常滑山茶碗:鎌倉時代

1/2

06  突然の来訪者

君はいつもそうだ

何の連絡もなしにやってきては

わめき散らして、引っ掻き回して

散々暴れ回ったあと

何事もなかったように帰っていく

ほんと困ったやつだよ

縁布着拭漆平皿:大正時代

ジョワジー・ル・ロワ デザートプレート:1880年代(フランス)

IMG_8025.JPG

07  空を泳ぐ魚たち

海じゃないのに海みたい

山じゃないのに山みたい

奥があるのに奥がなくて

するするとすり抜けては

気がつけばいなくなる

 

ねぇ 次はいつ会える?

高麗青磁 大鉢:14世紀頃  内折縁灰釉片口:戦前頃

1/3

08  かわいいこ

呼んでも来ないし、近寄ったら逃げるのに

時折り気まま愛想ふりまいてさ

気が済んだらまたいなくなる

なんなのさ全くもう

はっきりと申し上げますよ

君はずるいと思います 

茶拭漆目弾き塗菓子椀:江戸時代