脈絡のない料理    vol.2
2022年7月19日 〜 31日
会場 neutral(京都市北区)

人生って脈絡のない出来事の

連続だと思うんです

それが何であるかは

実はそんなに重要なことではなくて

​その繰り返しや重なりが必要だから

僕らは延々と脈絡のないことを

​繰り返すのです

neutral  北嶋竜樹

IMG_6053.heic
1/3

01  17:50

そろそろかと時計を見ては

頼む、今日も頼んだぞ

そういつも心の中で唱える

そんな一縷の願いとは裏腹に

どんと構えて期待を寄せている

私もいるのだ

まぁまぁ、緊張をほぐすのも

とりあえず一口

まずはそれから

漆菓子皿:小倉広太郎 中国磁器:時代不明

IMG_6108.JPG

02  記憶の水たまり

塩素くさい匂いだって

記憶にこびりついてしまったら

なかなかとれなくて

ふと思い出しては

淡い記憶に僕は溺れそうになる

白釉小鉢:TOKINOHA

IMG_6113.JPG

03  朝雲 (あさぐもり)

僕は眠い目を擦って

すぅーっと息を吸い込んだ

まだ眠そうな素粒子たちは

しかたないなといった様子で

身体の中へと消えていった

今日はいちだんと暑くなりそうだ

古唐津平茶碗:安土桃山時代

IMG_6117.JPG

04  プラスチックな君

ぶんぶん、ぐるぐる

ずいぶんと気持ちよさそうだね

君も、そこの君も

なんだか涼しげで羨ましいよ

堅手鉢:村山健太郎

IMG_6116.JPG

05  潮騒

車もなければ彼女もいない

よくよく考えれば泳げもしない

それでも海が僕を呼んでいる

気のせいだって?

失礼な、僕だって新治の気持ちくらいわかるさ

潮の香りを嗅いだら胸の奥が騒つく感じ

そうやってさ冷やかすけど

君も好きなんででしょ

古常滑山茶碗:鎌倉時代

IMG_6112.JPG

06  理不尽なこと

え、聞いてないんだけど

こういうのはさ、先に言っておいてもらわないと

すごく困るんだよね

いろいろ準備ってもんがあるんだから

漆皿:小倉広太郎

IMG_6118.JPG

07  真夜中の覚醒

こんな日に限って明日は早いし

肌荒れだって気になるし

1分でも1秒でも早く眠りたいのに

ああああぁぁぁぁっ

ううううぅぅぅぅっ

ちっとも眠れやしないや

須恵器皿:松葉勇輝

IMG_6109.JPG

08  アルペジオな関係

一緒じゃないとだめだって思ってたけど

私たちって別々でもいいみたい

重ならないのに重なるの

わかる? この感じ

追いかけちゃだめ

何の変哲もない連なりだから

旋律は美しくなるの

五寸鉢:宮田春花

後記​

待ちに待った時がきた。そんな気分だった。東京を離れてからというもの、どこか落ち着かないでいた時間が長かったように思う。ひょんなことから神戸へ移り住み、1年も経たずして京都へ来た。いや来たのだけど、それは呼ばれたような、来てもいいよと許可されたような、そんな感じ。実は京都で活動を始めた昨年の1月は、まだ神戸にいたのだ。たった1年半前のことだ。そのころは神戸⇄京都を往復する毎日。忘れ物大魔王であるわたしにはちょっとキツかった。今思えばゾッとする。京都に来てからも、前のアトリエも前の前のアトリエも、間借りだった。それはそれで心地よかったのだけど、やはりこう自分だけの空間を手にすると俄然やる気も湧いてくる。そしてこの物件は奇跡の物件でもあるのです。築80年、昭和前期だが大正の匂いが残る古い町家である。程よく手直しはしているが、何ともバランスが良い。そして何より気がいい。そんな場所で始められるんだもん。それはそれは喜びも一入(ひとしお)である。そんな喜びを噛み締めながらいよいよスタートした。この場所でどんな物語が紡がれていくのか、ワクワクドキドキ期待を胸に、しっかりと地に足をつけた活動をしていきたい。

(会を終えて)2022.8.2 neutral  北嶋竜樹

IMG_5865.HEIC
IMG_6040.HEIC
IMG_6017.heic