心象
midori uchida× ryuju kitajima
2022年9月23日・24日
会場 tonoto(京都市北区鷹峯)

内に宿るもの 静かなる響き

見たことのない景色や曖昧な記憶は

指でゆっくりとなぞると消えるのだ

 

たしかにそこにあった

僕が見たものは 君が見たものは

だけどもう どこにもないのさそれは

 

僅かな輪郭の中に浮かび上がるものは

まるで掴みどころのない情景と同じように

決して留まることはないのです

 

 

neutral  北嶋竜樹

1/2

01  真実の実

口にすればわかるさ

何が真実かって

だがな 言うんじゃねぇぞ

大抵の場合事実は真実とは異なる

何が本当かはお前しかわからない

それが真実ってやつさ

1/2

02  たゆたう

  

君が好き、君もすき。

僕は揺れる、狭間で蕩(とろ)ける。

甘く耽(ふけ)る。浸(ひた)る。溶ける。

誘(いざな)う。溺れる。どこまでも。

1/2

03  矛と盾

かわいいねと言う 純粋だねと言う

人は皆わたしに向かってそう言うのです

いたいけな姿に 穢れのない無垢な心に

真っ新でいてほしい 真っ白でいてほしい

でもね 本当はそんなもの存在しないんだよ

あなただってそうでしょ?

どんなことを内包しているかなんて

分かりっこない

生きるってことはそういうことなのさ

1/2

04  愛もヘイトもないところ

いろはにほへどちりぬるを

わがよたれぞつねならむ

うゐのおくやまけふこえて

あさきゆめみじゑひもせず

1/3

05  杳々

かすかに感じる気配の先に

僕はそっと目をやった

ほんのわずかな光さえも

息を吸うとすぅっと闇へと

のみ込まれてしまいそうな

そんな夜だった

そこに居たのは一人の小さな少女

暗闇の中 はっきりと覚えている

たしかにそこに立っていた

そして少女は僕を見てこう言った

1/2

00  雲のかけら

いくつもの層になった淡い色が

今にも溶け出しそうだった

夏の終わりを告げられような

そんな気分で僕はちぎった雲を

ぱくりと口へ放り込んだんだ

LINE_ALBUM_220930_3.jpg
LINE_ALBUM_220930_12.jpg
LINE_ALBUM_220930.jpg
LINE_ALBUM_220930_2.jpg
LINE_ALBUM_220930_5.jpg
LINE_ALBUM_220930_13.jpg
LINE_ALBUM_220930_1.jpg
LINE_ALBUM_220930_0.jpg
LINE_ALBUM_220930_14.jpg
LINE_ALBUM_220930_11.jpg